青山義雄展−きらめく航跡をたどる

【概要】
海軍に奉職する父の長男として生まれた青山義雄(1894-1996)は、8歳まで横須賀で育ちました。早くから画家を志し、1921年に渡仏、直後にサロン・ドートンヌに入選を果たしました。肺病の療養のため訪れた南フランスでマティスに出会い、「この男は色彩を持っている」と高く評価されます。その後もパリを中心に画家として活動し、現代にも通じる叙情的な作風で注目される存在となりました。1930年には春陽会に作品を送って国内でも注目を集めます。1935年に帰国、国画会に特別陳列した滞欧作27点は、称賛をもって迎えられました。しかし、戦後は再び、第二の故郷と言うべき南フランス・カーニュにわたり、そこを拠点として、優れた風景画を描き続けました。
青山は1996年に102歳の長寿を全うしました。没後20年を経ても、きらめきを放ち続けるその航跡―70年以上にわたる画歴をあらためて振り返る展覧会です。

【会期】2018年2月10日(土)〜4月15日(日)
【休館日】3月5日(月)、4月2日(月)
【観覧料】
一般900(720)円/高大生・65歳以上700(560)円
()内は20名以上の団体料金。障害者及び介助者1名は無料。
中学生以下、高校生(市内に在住、在学の高校生に限る)は無料。
※2月18日(日)は無料観覧日です

戻る
トップ