平成29年度第4期所蔵品展「特集:横須賀のアーティスト」

【概要】
 このたび、第4期所蔵品展では「特集:横須賀のアーティスト」を開催いたします。本特集においては、当館が絵画から写真、版画、立体と幅広く開館前から収集してきた横須賀・三浦半島の作家の方々の作品に加え、現在活躍する安木洋平、井上裕起らの作品を展示いたします。また戦後の横須賀に関わる資料である「シルクポートレイト」をご紹介します。
 横須賀・三浦半島の作家たちの優れた作品を展示し、その豊かな成果の数々をご覧いただくと共に、これまで作品をご寄贈くださった方々や、美術館活動を応援してくださった方、そして作家たちのご理解とご協力を改めて感謝する機会にしたいと考えます。

【会期】2017年12月23日(土)〜2018年4月1日(日)
【休館日】12月29日(金)〜1月3日(水)、1月9日(火)、2月5日(月)、3月5日(月)
【観覧料】
(谷内六郎館チケットと共通)
一般310(250)円/高大生・65歳以上210(160)円
()内は20名以上の団体料金。障害者及び介助者1名は無料。
中学生以下、高校生(市内在学または在住に限る)は無料。
*2月18日(日)は無料観覧日

戻る
トップ