平成29年度第2期所蔵品展「特集:203gow 編んだ〜わーるど展」

【概要】
風変わりな編み作品を作り続けている編み師203gow(ニイマルサンゴウ)。世の中がすべて編み物に見え、糸状のモノを見るとついつい編んでしまう。カラフルな色合いで、小物から8メートルの巨大編み作品まで、立体造形物を制作。本展では、「海のいきもの」をメインに「森のいきもの」や、日常生活の一部を切り取った編みのある風景作品「あみつぶし」も展示します。
「ちょっとへん」でも「どこかかわいい」203gowの「編んだ〜わーるど」を体感してください。

【会期】2017年7月15日(土)〜10月1日(日)
【休館日】8月7日(月)、9月4日(月)
【観覧料】
(谷内六郎館チケットと共通)
一般310(250)円/高大生・65歳以上210(160)円
()内は20名以上の団体料金。障害者及び介助者1名は無料。
中学生以下、高校生(市内在学または在住に限る)は無料。

戻る
トップ