集え!英雄豪傑たち 浮世絵、近代日本画にみるヒーローたち

【概要】 数々の伝説や武勇伝を残す神話や歴史上の英雄豪傑たち。彼らの姿を表そうと多くの芸術家たちが挑戦してきた画題です。
 江戸後期には、浮世絵の「武者絵」が爆発的な人気を呼び、多くの作品が生まれました。明治に入ると彼らの勇姿は、民族的な意識を高めるため「歴史画」という新たな絵画ジャンルへと組み込まれていきます。その後歴史画は、戦争の気配が強まるなかでその意義や性格を変えていきます。
 本展では、浮世絵、近代歴史画の名品を中心に、現代アーティストの作品も加え、約120点を一堂に展示します。時を越えて表された英雄豪傑たちをご覧ください。

【会期】2018年4月28日(土)〜6月17日(日)
 《前期》4月28日(土)〜5月24日(木)
 《後期》5月25日(金)〜6月17日(日)
【休館日】2018年5月7日(月)、6月4日(月)
【観覧料】
一般900(720)円、高・大・65歳以上700(560)円
なお、所蔵品展・谷内六郎館は有料です。

()内は20名以上の団体料金。障害者及び介助者1名は無料。
中学生以下、高校生(本市内に在学または在学に限る)は無料。

戻る
トップ